前へ
次へ

訪問歯科診療を受けるメリット

訪問歯科診療というのは、歯科医に向けての通院がとても難しい病気の人のために、歯科医師、あるいは歯科衛

more

歯科医院継承の基礎知識

新規開業とは違い、歯科医院を買い上げるということは、該当の歯科医院が形作ってきた資産を継ぐことだと言

more

綺麗な歯を保ちたいならば

私は長年歯科クリニックで歯科衛生士として働いていますが、歯のトラブルは早く解決することが大切だと実感

more

歯科・歯医者に行く時間がなくても健康維持

歯の健康を維持するためには、定期的に検診を受けることが一番です。しかし、なかなか通えない場合、自分で自分の口の中の環境を改善することが望ましいでしょう。たとえば、歯磨きです。歯科・歯医者で正しい歯ブラシの方法を学んでおくことで、自宅にいる間だけではなく、会社で昼食を食べた跡にも歯ブラシを使って口の中の衛生環境を改善させることができるでしょう。ブラッシングとデンタルフロス、また洗口剤を毎食後に使用することで、口の中の雑菌を落とす割合が増え、口の中の衛生環境を改善に導くことが可能です。もちろんそれだけではなく、夜中にお酒を飲んでいてつまみに何かを食べてしまうことや、おやつにお菓子を食べてしまうことは少なくありません。対策としては食べた後には必ず歯磨きをする、お酒を飲んで帰った後も必ず歯磨きをする習慣をつけてください。また、もし寝るときに歯ぎしりをしていたり、食いしばりなどの癖があるようなら、早めに治すことを心がけてください。顎関節症の危険性があるため、早めに医師へ相談しましょう。また、喫煙や暴飲暴食は、歯や歯茎の健康に最もよくない行動です。そのため、喫煙はなるべく早くやめること、暴飲暴食をせず、いつでも腹八分目を意識して食事をすることを心がけてください。なお、食いしばりや歯ぎしり改善のために、日々の運動を心がけるといいでしょう。ストレッチやヨガなどを行うことでストレス解消、奥歯に力を入れる癖を解消できる可能性があります。ストレスが原因で食いしばりや歯ぎしりを行っていることがあるからです。毎日積極的に運動をする習慣を身に着けることで、最初は面倒だと感じても次第にストレス解消のために実行することが多くなります。結果として歯ぎしりや食いしばりといった症状の緩和を実現できるでしょう。歯科・歯医者で定期的に検診を受ける時間がない時でも、セルフケアを適切に行うことで、口腔内の健康を一定以上に保つことが可能です。

シニア歯科と言えば稲沢のわだち歯科

川崎 矯正歯科

マウスピース矯正を低価格で受けられる歯医者
気軽に外せて虫歯リスクの少ない矯正治療を受けることができます。

気になるその虫歯をもとから治しませんか?
根管治療をメインに行うリーズデンタルクリニックにお越しください

女性矯正担当医が在籍する足立区の歯科医院

Page Top