前へ
次へ

保険が使える治療とそうでない治療がある

歯の治療には大きく分けて2種類あり、保険が利用できる治療と保険が利用できない治療があるのをご存じでしょうか。健康保険証が使える治療は3割負担で済んだりしますので、全額自己負担の治療に比べるととてもありがたいといえます。しかし、審美性などを重視して行われる治療は基本的に健康保険が使えませんので、全額自己負担で治療を受けることになります。例えば、ホワイトニングや矯正、インプラントなどの治療は健康保険は聞きませんので、自由診療という領域の治療になります。そうなると、10割負担となりますので、保険でカバーされる治療の3.3倍の負担になってしまい、なかなか簡単に受けられないということがあります。もし、自由診療の治療をもっと手軽に受けられれば、見た目なども考えて歯の治療を受けることができるので、患者側にとっても多くのメリットがあります。このように、歯医者さんでの治療には保険でカバーされる治療とカバーされない治療があるのです。

Page Top